不倫をしている子との物的証拠は何があるか

離婚は、婚姻関係を解消することです。
結婚は法的に夫婦としての関係を持つことで、これによって相続を受ける権利などが得られます。
離婚によって相続の権利などは失われます。
ただ、離婚においては財産分与の他、慰謝料の問題があります。
一方に離婚の原因になる大きな問題があるときは、慰謝料の請求ができます。
婚姻をしていながら別の人と何らかの付き合いがあると、それが不倫となり一定の慰謝料を請求できる可能性が出てきます。
探偵事務所などに依頼をすると、写真や動画などの証拠物件を撮ってくれるとされています。
それらの証拠がないと慰謝料は受けられないかです。
意外に身近なところに有効となる証拠があるかもしれません。
今やだれもが持っているとされている携帯電話、スマートフォンの履歴が証拠になる可能性があります。
実際に、裁判などでも証拠として使われることがあります。
メールなどは削除されることもあるので、こっそりチェックすると良いでしょう。